【学校を選ぼう】セブ島へ留学するなら周辺の環境をチェック

コンテンツ一覧

気軽に海外で語学学習

教材

短い期間で英語ペラペラ

語学を習得するために海外に訪れる人は少なくありません、いまは学校でも仕事でも英語スキルを求められることがあるため、こうした海外への語学習得を目的とする留学件数も多いのです。留学先として選ばれるのはアメリカやカナダ、フランスなどの欧米が中心と思われがちですが、フィリピンのセブ島も有力な留学先として人気を博しています。あまり知られていませんが、フィリピンと日本との時差は一時間ほど、先に挙げた他の国では3時間〜7時間に及ぶこともあり、慣れるまでに体調を崩してしまうこともあります。しかし1時間程度であればそれほど心身への負担はなく、調子を整えたり体を休める時間をそれほど取らなくても英語を勉強する姿勢に移行しやすいでしょう。付け加えていえば、フィリピンというのは飛行機でおよそ4時間〜5時間程度のフライトで到着できる距離です。そのため、どうしても外せない予定がある時は日本に帰国し、再度セブ島での勉強を再開するというようなスタイルも取りやすいといえます。家庭や仕事がある人であっても取り組みやすく、柔軟にスケジュールが組みやすいというのも、選ばれる理由の一つと言えるでしょう。基本的に欧州などでの語学留学の場合、ビザが求められることがほとんどですが、セブ島の場合大抵の場合はビザを取得する必要がありません。つまり、手続きが必要ないだけでなく、行きたいと思ったタイミングで語学留学できるという強みもあります。他にも、語学留学というのは学習のためにその国に訪れることですから、就学許可をもらって留学を行うというスタイルが一般的です。通常であればこうした就学許可の手続きも自分や代理店が行うケースがほとんどで、手間がかかったりその分の手続費用を支払わなければいけないこともあります。セブ島では学校サイドで手続きを手配してくれることもあるため、料金はもちろん手間もかからないという部分も他とは異なる点です。